雑記

カフェ探しの強い見方「cafe snap(カフェ スナップ)」を動かしてみた【雑記】

ぷらっと外出したときにこんなことはありませんか?

休憩がてらカフェでも入ろう・・・が、見つからないっ!!

ようやく見つけた・・・と思ったら自分の求めるカフェとはジャンルが違ったっ!!

どうせなら、ソファがある場所、ドリップにこだわっている場所、wi-fiが使える場所、少しでも自分が求めている条件に合ったカフェが探したいですよね?

贅沢を言うと、スマートフォンでササッと!!

しかし、そんな都合の良いアプリあるわけ・・・ありました。

しかも、1年以上前からっ((((;゚Д゚))))

それが、All aboutがリリースした「Cafe Snap」です。

— Sponsored Link —

「Cafe Snap」をざっくりと説明すると、全国のカフェ好きが最新の情報を共有しあう写真ベースのカフェ検索アプリになります。

因みにカフェといっても、大手カフェチェーンは掲載されておらず、基本的には個人経営の個性派カフェが中心です。

どのようなシーンで活躍するのか?と言いますと、、、こちらの動画をご覧ください。

結構、簡単に見つけれそうですよね。

ということで実際に動かしてみました。

 

まずは検索画面を開きます。

Screenshot_2015-11-28-11-39-53

取りあえず「現在地周辺」は使えそうですねっ!!

さっそくポチっと。

 

 

・・・・・。

 

該当するカフェは見つかりませんでした

 

ぐふっヽ(´Д`;)ノ

僕の生息地が田舎なので仕方ありません。

では気を取り直して、次は「人気条件」から探してみます。

Screenshot_2015-11-28-11-40-10

ジャンルの横の数値は掲載件数を現していると思われます。

最も投稿数が多い「コーヒーのジャンル」を選択してみましょう。

Screenshot_2015-11-28-11-40-21

こ、これは凄いっ!!

これだけ抽出方法が細分化されていれば好みの珈琲が見つかりそうですね!!

イブリックまであるし(笑)

ではでは、無難な「ペーパードリップ」をポチっとしてみます。

Screenshot_2015-11-28-11-40-43

プレミアーーーームヽ(´Д`;)ノ

月額360円必要みたいです。

とはいえ「エリアから探す」は使えますので、インストールしといて損はないと思います。

・・・ただ、まだまだアプリが認知されていないようで、

Screenshot_2015-11-28-13-42-50

東京都以外は情報が少ないです(´・ω・`)

これから多くの人が投稿してくれて、素晴らしいアプリになるといいですね。

因みに、現段階でも色々なカフェの情報が見えるので面白いです。

無料(一部有料サービス)アプリなので、興味があれば動かしてみてください。

Android版

iOS版

ランキング参加中!

応援クリックよろしくお願いします!!

↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 グルメブログ コーヒーへ

関連記事

  1. 雑記

    2016年も残りわずか!一年間ありがとうございました【雑記】

    2016年が終わりますね。どのような一年になりましたか?僕はといいます…

  2. 雑記

    この一冊で珈琲の疑問は解決できます

    アナタは本当に珈琲について理解していますか?珈琲の世界はとにかくウンチ…

  3. 雑記

    珈琲とティラミスチョコの相性が抜群すぎる件

    珈琲を飲むときにお供(おつまみ)が欲しくなったことはありませんか?急な…

  4. ニュース

    ポケモンGOは珈琲業界に進出するのか?【雑記】

    世界中を震撼させている話題のアプリ「ポケモンGO」が日本でもいよいよ配…

  5. 雑記

    「コーヒーゼリーの時間」って?コーヒーゼリー好き必見の一冊です!!

    コーヒーゼリーというと喫茶店やカフェのメニューでも誰もが知っているはず…

  6. 雑記

    告白のタイミングに迷ったら取りあえず珈琲?【雑記】

    大多数の人に認知されているが、実践が困難な恋愛テクニック。そう、"吊り…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

  1. 備品

    「スノーピーク チタンシングルマグ」のメリット・デメリット
  2. ニュース

    わずか10秒でハイクオリティなラテアートが作れるマシーンが登場!!
  3. 質問

    珈琲一杯に使用する豆の量は何g?【Q&A】
  4. 珈琲の知識

    ブレンドの作り方【後半】
  5. 珈琲の知識

    立体的に考える珈琲のブレンド方法
PAGE TOP