珈琲の知識

立体的に考える珈琲のブレンド方法

最近は、各産地ごとの珈琲(ストレート、シングル)を楽しむ傾向が強いです。

僕の周りでも、

ストレートのが美味しい

ブレンドは邪道な気がする

味が色々と混ざり合ってる

といったネガティブな意見も多々あります。

しかし、本当にそうでしょうか?

しっかりと創りこまれたブレンドは、香味の多様性があり、時にストレートを凌駕する美味しさも兼ね備えています。

ブレンドの作り方は人によって意見が別れますが、ここでは「立体的に考える珈琲のブレンド方法」について説明します。

— Sponsored Link —

ブレンドでありがちな失敗は、個々の要素だけで考えてバランスが崩れることにあります。

珈琲の香味を決定する要素は、産地、精製方法、品種、焙煎度合い、など様々なものがあります。

いきなり全てを考えると混乱するため、まずは産地と焙煎度合いに照準を合わせて考えてみましょう。

今回は3つの産地を使用するため以下の図が出来上がります。

(頭の中で描いてもらえればOKです)

WS000000

 産地の三角形をベースに焙煎度合いを縦軸にとらえます。

そして、産地ごとの焙煎度合いに印を付けます。

 0001

この点と点を線で結んでいくわけですが、

WS000001

バランスが良いブレンドは、出来上がった三角形が整っていることが多いです。

逆にバランスが悪いブレンドは・・・

WS000002

三角形がいびつな形になります((((;゚Д゚))))

ただ、ここで注意して頂きたいのはバランスが悪いだけで、このブレンドがNG(失敗)ではない!!

ということです。

ブレンドで目指すべき目標は、

 ●複雑で奥行きのある(立体感のある)味

 ●ストレートでは表現できない個性的な味

 ●これまでにない独創的な味

であることです。

[注]バランスが悪いとNGが多いのは事実です。個性・独創性にこだわりすぎないようにしてください。

 

そして、実際に作ったら試飲(試験)することはお忘れなくっ!!

その試飲結果でOK/NGを判断しましょう!! 

 

これが「立体的に考える珈琲のブレンド方法」になります。

珈琲の香味を決定する要素(産地、精製方法、品種、焙煎度合い、など)を増やしていくことで、上の図形は複雑に変形していきますが(最終的には角が取れて球形になるイメージ)、慣れれば頭の中でもできるようになりますので、少しずつチャレンジしてみてください。

— Sponsored Link —

おまけ

人間の味覚は「甘味、苦味、酸味、塩味、旨味」を感じ取ります。

珈琲の成分には糖類は含まれておらず、本来であれば甘味はありません。

しかし、不思議なことに「あれ?この珈琲、ほのかに甘いぞ!!」って感じることがあります。

そこで、珈琲にメインで含まれている酸味、苦味に加えて、”甘味“を足した立体図形でブレンドを検討することもできます。

例えば、南米エリアの豆であれば苦味と甘味が突出しているケースがよくあります。

WS000003

これだけでも個性的で面白いですが、ここにわずかな酸味を加えるとどうでしょう?

WS000004

 バランスが取れるうえに、味覚の要素が1つ加わる(酸味が加わる)ため、複雑性が増しそうですよね?

このように人間の味覚特性をベースにブレンドするのも1つの手段となりますので、よければ試してみてください。

 

それでは良い珈琲ライフを(‘∀`)

ランキング参加中!

応援クリックよろしくお願いします!!

↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 グルメブログ コーヒーへ

関連記事

  1. 珈琲の知識

    一杯の珈琲に含まれるカフェインの量

    珈琲一杯のカフェイン含有量はご存知ですか?「珈琲は飲みすぎると健康に良…

  2. 備品

    コーヒーサイフォンの仕組み

    今回はコーヒーサイフォンの仕組みについて解説していきます。※抽出方法は…

  3. ドリップ

    あなたはどっち派?浸漬法と透過法の違い!【後半】

    前半では浸漬法と透過法の香味の違いを説明しました。→前半の記事はここを…

  4. ドリップ

    ペーパードリップは蒸らし後に混ぜる?混ぜない?

    数年前のWCE(世界コーヒー大会)ブリュワーズカップ部門の優勝者がハリ…

  5. 珈琲の知識

    貝殻豆は高級品?しかも正体は象?

    珈琲豆の形状は大きく分類すると二種類になります。一つは半球形のフラット…

  6. 珈琲の知識

    コーヒーの日があるって本当?

    日本ではおなじみの「○○の日」ってフレーズ。11月22日は「いい夫婦の…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

  1. 実践記事

    「エチオピア イルガチェフェ ナチュラル」を飲んでみた
  2. 実践記事

    「ハワイコナ アロハ・ヒルズ Extra Fancy」を飲んでみた
  3. 珈琲の知識

    珈琲が現在の飲み方にステップアップするまでの過程
  4. 雑記

    「美味しい珈琲を淹れる極意」が生まれ変わりました【お知らせ】
  5. 雑記

    コーヒーインストラクター基礎問題アプリに挑戦っ!!
PAGE TOP