珈琲の知識

立体的に考える珈琲のブレンド方法

最近は、各産地ごとの珈琲(ストレート、シングル)を楽しむ傾向が強いです。

僕の周りでも、

ストレートのが美味しい

ブレンドは邪道な気がする

味が色々と混ざり合ってる

といったネガティブな意見も多々あります。

しかし、本当にそうでしょうか?

しっかりと創りこまれたブレンドは、香味の多様性があり、時にストレートを凌駕する美味しさも兼ね備えています。

ブレンドの作り方は人によって意見が別れますが、ここでは「立体的に考える珈琲のブレンド方法」について説明します。

— Sponsored Link —

ブレンドでありがちな失敗は、個々の要素だけで考えてバランスが崩れることにあります。

珈琲の香味を決定する要素は、産地、精製方法、品種、焙煎度合い、など様々なものがあります。

いきなり全てを考えると混乱するため、まずは産地と焙煎度合いに照準を合わせて考えてみましょう。

今回は3つの産地を使用するため以下の図が出来上がります。

(頭の中で描いてもらえればOKです)

WS000000

 産地の三角形をベースに焙煎度合いを縦軸にとらえます。

そして、産地ごとの焙煎度合いに印を付けます。

 0001

この点と点を線で結んでいくわけですが、

WS000001

バランスが良いブレンドは、出来上がった三角形が整っていることが多いです。

逆にバランスが悪いブレンドは・・・

WS000002

三角形がいびつな形になります((((;゚Д゚))))

ただ、ここで注意して頂きたいのはバランスが悪いだけで、このブレンドがNG(失敗)ではない!!

ということです。

ブレンドで目指すべき目標は、

 ●複雑で奥行きのある(立体感のある)味

 ●ストレートでは表現できない個性的な味

 ●これまでにない独創的な味

であることです。

[注]バランスが悪いとNGが多いのは事実です。個性・独創性にこだわりすぎないようにしてください。

 

そして、実際に作ったら試飲(試験)することはお忘れなくっ!!

その試飲結果でOK/NGを判断しましょう!! 

 

これが「立体的に考える珈琲のブレンド方法」になります。

珈琲の香味を決定する要素(産地、精製方法、品種、焙煎度合い、など)を増やしていくことで、上の図形は複雑に変形していきますが(最終的には角が取れて球形になるイメージ)、慣れれば頭の中でもできるようになりますので、少しずつチャレンジしてみてください。

— Sponsored Link —

おまけ

人間の味覚は「甘味、苦味、酸味、塩味、旨味」を感じ取ります。

珈琲の成分には糖類は含まれておらず、本来であれば甘味はありません。

しかし、不思議なことに「あれ?この珈琲、ほのかに甘いぞ!!」って感じることがあります。

そこで、珈琲にメインで含まれている酸味、苦味に加えて、”甘味“を足した立体図形でブレンドを検討することもできます。

例えば、南米エリアの豆であれば苦味と甘味が突出しているケースがよくあります。

WS000003

これだけでも個性的で面白いですが、ここにわずかな酸味を加えるとどうでしょう?

WS000004

 バランスが取れるうえに、味覚の要素が1つ加わる(酸味が加わる)ため、複雑性が増しそうですよね?

このように人間の味覚特性をベースにブレンドするのも1つの手段となりますので、よければ試してみてください。

 

それでは良い珈琲ライフを(‘∀`)

ランキング参加中!

応援クリックよろしくお願いします!!

↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 グルメブログ コーヒーへ

関連記事

  1. 珈琲の知識

    珈琲が甘いってホント?

    珈琲に甘みを感じたことはありますか?果物(フルーツ)や野菜の世界でもそ…

  2. 珈琲の知識

    珈琲界の巨人?マラゴジペって何?

    今でこそ、豆の状態で購入する人が増えていますが、まだまだ粉の状態の珈琲…

  3. ドリップ

    ネルドリップのメリット・デメリット

    弱点を代償に得たまろやかな香味!!珈琲の抽出方法は様々で、人によってオ…

  4. ドリップ

    究極のカフェオレの作り方

    朝から深煎りの珈琲をガツンとブラックで飲む人もいれば、浅煎りをサッとア…

  5. 珈琲の知識

    ブレンドの作り方【前半】

    美味しい珈琲をさらに美味しく!!ここでは珈琲のブレンドの作り方について…

  6. ドリップ

    珈琲を蒸らす理由を把握して香味を安定させる

    「 ペーパードリップの抽出時は、一投目のお湯を注いでから少し蒸らしまし…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

  1. 珈琲の知識

    ロブスタ(カネフォラ)種とアラビカ種の成分の違い
  2. 雑記

    珈琲を飲んだ後のケアは大丈夫?トゥービー・ホワイトの実力を検証してみた【雑記】
  3. 雑記

    100,000PV突破しました【雑記】
  4. 珈琲と音楽

    珈琲を飲みながら聴きたい音楽【Schroeder-Headz】
  5. ドリップ

    コーノ式ドリッパーを推奨する理由
PAGE TOP