ドリップ

ケメックスってご存知ですか?【後半】

実験室生まれの凄いやつ!!

ケメックスの解説【後半】です。

前半ではペーパーの折り方・ケメックスの特徴について解説しました。

前半の記事はこちら→ケメックスってご存知ですか?【前半】

後半では抽出方法のコツを解説します。

— Sponsored Link —

解説には3人用の本体・ペーパーを使用しています。

[本体]

Chemex ケメックス コーヒーメーカー マシンメイド 3カップ用

[ペーパー]

Chemex ケメックス コーヒーメーカー フィルターペーパー 3カップ用 100枚入

 

◆ケメックスの抽出方法のコツ◆

基本的な抽出方法は多くのペーパードリップ同様に30秒程蒸らしてから、3~4回に別けてお湯を注いでいく方法になります。

ここでは、抽出方法のコツについて解説していきます。

 

①抽出は3人前で行いましょう。 

ケメックスのデメリットと言える部分ですが、1~2人前の抽出に不向きです。

なぜならケメックスは縦長構造であるため、1~2人前の粉では量が少なすぎて抽出が困難になります。

 

更に粉の量が少ないと、粉とお湯の接する時間が短くなります。

つまり、前半記事で紹介した特徴(メリット)が活かせないのです(;゚Д゚)!

 

必ず!!とは言いませんが、3人前で抽出することをオススメします!!

 

②ドリップポットは細口を使用すると抽出がスムーズにいきます。

ケメックスは縦長構造であるため、お湯を注ぐエリアが他のドリッパーよりも狭いです。

ゆえに細くお湯を注ぐ必要があります。

細口タイプのドリップポットであれば安定してお湯を細く注ぐことができます。

08

 一度に大量のお湯を注ぐと湯だまりが発生して、

粉がふわふわ浮いてきますので注意してください。

 

以前、紹介した正しいドリップポットの選び方も参考にしてみてください。

→ 正しいドリップポットの選び方

 

③蒸らしに使用するお湯の量は、本体底にポタポタと抽出液が落ちる程度にする。

どの抽出方法でも共通して言えることですが、お湯は必ず中心から注ぎます。

そして蒸らしで使用するお湯の量ですが、本体の底に濃い目の珈琲がポタポタと落ちる程度までで留めます。

気持ちゆっくり目にお湯を注いでやると良いでしょう!!

09

 

④本体に付いているポッチに到達したら抽出完了です。

3人用の目安は本体についているポッチになります。

勿体ないからといって、欲張って抽出しないようにしましょう(‘∀`)

※1~2人前で抽出するときはポッチよりも更に下の部分で抽出を完了してくださいね。

10

他にも抽出前に本体を温めておくと良い、お湯の温度は90℃前後にするなど

細かい点はありますが、以前の記事を参考にして下さい。

ドリップ前に抑えておくべきポイント【前半】

ドリップ前に抑えておくべきポイント【後半】

 

珈琲は抽出方法によっても味が大きく異なります。

色々な方法で試す!!

それだけでも、いつもと違った珈琲になって楽しいですよね(‘∀`)

 

今回はたまたまケメックスを紹介しましたが、色々と試して、もっともっと珈琲を楽しんでみてください。

 

ランキング参加中!

応援クリックよろしくお願いします!!

↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 グルメブログ コーヒーへ

関連記事

  1. ドリップ

    ケメックスってご存知ですか?【前半】

    実験室生まれの凄いやつ!!それがケメックスです。このブログでは「美味し…

  2. ドリップ

    コーノ式ドリッパーを推奨する理由

    ドリッパーの違いは把握していますか?珈琲の抽出方法は様々ですが、中でも…

  3. ドリップ

    ペーパーレス(金属)フィルターで淹れると薄くなる?【Q&A】

    ペーパーレスフィルターは抽出方法にちょっとしたコツが必要です。質問を頂…

  4. ドリップ

    一石二鳥の万能スケール!抽出時間を安定させていつでも美味しい珈琲を!

    フレンチプレスやサイフォンのように時間に依存する抽出方法は、ストップウ…

  5. ドリップ

    あなたはどっち派?浸漬法と透過法の違い!【後半】

    前半では浸漬法と透過法の香味の違いを説明しました。→前半の記事はここを…

  6. ドリップ

    新鮮な豆でもコーヒードームができない条件はあるの?【Q&A】

    珈琲にお湯を注ぐとモコモコと粉が膨らむ(コーヒードームができる)。その…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

  1. 雑記

    コーヒー豆の大冒険がピ●ゴラ風で面白い【雑記】
  2. ドリップ

    ドリップ前に抑えておくべきポイント【前半】
  3. ドリップ

    超高性能デジタルスケール「acaia pearl アカイア パール」とブルーボト…
  4. 雑記

    「美味しい珈琲を淹れる極意」が生まれ変わりました【お知らせ】
  5. 質問

    自家焙煎珈琲店はへんぴな場所に多いのは何故?【Q&A】
PAGE TOP