珈琲の知識

カップの色によって珈琲の味が変わります

カップの色を変えることで同じ珈琲でも別物になるってご存知ですか?

これは視覚と味覚の関係に起因して起きる現象です。

写真の世界でも同じようなことがありますよね?

例えばお肉を撮影した時に、暖色系(白熱球)と寒色系(蛍光灯)のライトの下で撮影すると印象がガラリと変わります。

こちらは暖色系↓↓↓↓↓↓

暖色系

 

こちらは寒色系↓↓↓↓↓↓

蛍光色

人間は目に写った情報を大切にする生き物です。

赤色や黄色の食べ物は「甘い・柔らかい・味が濃い」と想像するでしょう。

そして、青色や緑色の食べ物は「酸っぱい・硬い・味が薄い」と連想するのではないでしょうか? 

これはコーヒーカップでも同じことが言えるのです。

赤いカップであれば「苦味が強く、コクがある」と感じるし青いカップであれば「酸味が強く、キリッとしている」と感じます

因みに茶色のカップだと「苦味と酸味のバランスが良い」と感じます。

実はコントラストの差によっても味に影響があるようですが、話しが難しくなってくるのでこれくらいにしておきます(笑)

あれ?いつもと同じように淹れたのに、今日はコーヒーの味が違うなと感じた時は、カップの色による影響かもしれませんよ(‘∀`) 

ランキング参加中!

応援クリックよろしくお願いします!!

↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 グルメブログ コーヒーへ

関連記事

  1. 珈琲の知識

    粒度(メッシュ)を調整して美味しい珈琲を楽しむ

    珈琲は抽出方法に合わせた最適な粒度が存在します。→抽出方法に合わせた最…

  2. 珈琲の知識

    炭火焙煎珈琲のよくある勘違い

    日本人は「炭火焼き」というキーワードが好物で、昔から根強いファンが多く…

  3. 珈琲の知識

    低産地・高産地の珈琲の特徴

    一般的にレギュラーコーヒーとして飲まれることが多いアラビカ種は、高温多…

  4. 珈琲の知識

    ロブスタ種が評価されない理由は絶対的に○○が足りないから!

    珈琲に少し詳しくなると「アラビカ種 > ロブスタ種」と定義する人がいま…

  5. 珈琲の知識

    美味しいアイスコーヒーを作るコツは味覚の温度特性を知ること!

    8月に突入して、いよいよ夏本番といったところでしょうか。冷房なしでは生…

  6. 珈琲の知識

    珈琲の香味に詳しくなるための近道

    ワインの世界では香味を言葉で表現することが一般的です。ワイン用語の「ア…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

  1. 珈琲の知識

    珈琲の水色を楽しむ
  2. 備品

    ユニフレーム コーヒーバネットでアウトドアをもっと楽しく【メリット・デメリット、…
  3. 珈琲の知識

    温度プロファイルによる香味の違い
  4. ニュース

    スタイリッシュすぎるモカポット
  5. 実践記事

    「ハワイコナ アロハ・ヒルズ Extra Fancy」を飲んでみた
PAGE TOP