珈琲の知識

古くなった珈琲豆の結末 ~奪われた○○~

焙煎後の珈琲豆は時間の経過と共に様々な変化が起こります。

焙煎度合いであったり、保存方法によって進行速度に差はありますが、概ね同じように変化します。

ここでは古くなった珈琲がどのような結末を迎えるのか?

についてを説明していきます。

— Sponsored Link —

焙煎後の珈琲豆は表面がテカテカと輝いていることをご存知でしょうか?

なぜこのような話しをするかというと「油が浮き出ている豆=古い豆」と勘違いされている人が多いからです。

これは珈琲豆の内部に含まれる油分が表面に浮き出ていることを示しています。

※下図、豆を覆っている黄色の膜が油分

WS000052

珈琲豆は焙煎が進行すると、二酸化炭素(CO2)を排出します。

この二酸化炭素が豆内部の油分を外に押し出しているのです。

WS000050

一般的に浅煎りの豆よりも深煎りの豆のほうがテカテカと輝いていますが、これは深煎りの豆の方が焙煎時間が長いためです。

焙煎により熱を加えることで、油分を外に押し出そうとする力が一時的に強くなると考えてもらえれば良いです。

本当に古くなって油が浮き出た豆もあるので一概には言えませんが、基本的には「油が浮き出ている豆=古い豆」ではなく「油が浮き出ている豆=焙煎が進行している豆」が正しいと言えます。

では、どういった状態が古い豆なのでしょうか?

それは、、、

香りが変化した豆です。

焙煎後の珈琲は、時間の経過と共に香りが化学反応を起こして変化していきます。

正確には排出されなくて、こもった香りが化学反応を起こします。

WS000051

二酸化炭素は油分を外に押し出すだけでなく、排出のときに香り成分を奪っていきます。

珈琲の香りが弱くなっていくのはこのためです。

しかしながら、二酸化炭素の排出量には限界があり、次第に香り成分は豆の中にこもります。

この行き場を失った香り成分が劣化することで、人間にとって不快な香りへと変化していくのです。

つまり、古くなった珈琲の結末とは「新鮮な(心地よい)香りが奪われて、劣化した(不快な)香りが残る」ということです。

— Sponsored Link —

いかがだったでしょうか?

珈琲にとって香りは命です。

なるべく香りが排出されないような保存方法をとり、新鮮なうちに飲みきるようにしましょう。 

それでは良い珈琲ライフを(‘∀`)

【補足】

一般的に油分の酸化が要因で美味しくない珈琲になると言われていますが、油分には抗酸化成分が多く含まれているので、よほどのことがない限り味の変化はないです。

あま~い香り、こうばしい香りがするだけでも「あ、美味しそう」と思えますよね?

人は思った以上に嗅覚を頼りにした生き物なのです(゚Д゚)ノ

ランキング参加中!

応援クリックよろしくお願いします!!

↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 グルメブログ コーヒーへ

関連記事

  1. 珈琲の知識

    美味しい珈琲を見極める超シンプルな方法

    教育家ヘレン・ケラーの言葉に「盲目であることは、悲しいことです。けれど…

  2. 珈琲の知識

    美味しいアイスコーヒーを作るコツは味覚の温度特性を知ること!

    8月に突入して、いよいよ夏本番といったところでしょうか。冷房なしでは生…

  3. ドリップ

    抽出条件による味の傾向

    抽出条件による味の傾向は把握していますか?珈琲はお湯の温度、粒の大きさ…

  4. 珈琲の知識

    ピーベリーとフラットビーンの香味の違い

    珈琲豆は、コーヒーチェリーと呼ばれるサクランボのような実から種子を取り…

  5. ドリップ

    あなたはどっち派?浸漬法と透過法の違い!【前半】

    珈琲の抽出方法は大きく2つに分類できるとご存知ですか?1つはフレンチプ…

  6. 珈琲の知識

    珈琲をお湯で薄めるとは何事だ!?

    アメリカンコーヒーって見た目が薄い、味気ない、深みがない。そう思ってい…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

  1. ニュース

    珈琲の香りを嗅ぎ分けるシステムが登場
  2. ドリップ

    ケメックスってご存知ですか?【前半】
  3. 珈琲の知識

    一杯の珈琲に含まれるカフェインの量
  4. ドリップ

    バター焙煎コーヒーって何?【前半】
  5. 実践記事

    「コロンビア ディエゴ・ロペス(フレンチロースト編)」を飲んでみた
PAGE TOP