SCAA

1982年に設立された”アメリカスペシャルティコーヒー協会”の略称。

日本にもSCAJ(日本スペシャルティコーヒー協会)と呼ばれる組織が存在する。 

珈琲豆を客観的に評価して、格付けすることを目的としている。

珈琲の品質に対する意識が高く、現在のコーヒーマーケットにおいて重要な位置を占めている。


▼SCAAによる、生豆の格付け基準

生豆350gをサンプルとして使用する。

①ウォッシュトの精製の珈琲の水分値が、輸入時点で10~12%。

②生豆に異質な臭いがしない。

③契約した仕様と5%以上の差異がない。

④カテゴリー1(※)と区分される欠点がない。

※黒豆、発酵豆などのこと。1粒混入するだけで香味に多大な影響を与える豆。

▼SCAAによる、ロースト豆の格付け基準

カッピングフォームに基づいて評価する。

①総合得点が80点以上(Max:100点)である。

【関連記事】

美味しい珈琲の選び方

— Sponsored Link —

珈琲用語集一覧に戻る

おすすめ記事

  1. 備品

    アウトドアに最適なコーヒーミル
  2. 珈琲の知識

    抽出温度で珈琲の味が変わる
  3. 珈琲の知識

    スペシャルティコーヒーの二極化が進行しています
  4. 備品

    正しいドリップポットの選び方
  5. 珈琲の知識

    ピーベリーとフラットビーンの香味の違い
PAGE TOP