珈琲の知識

珈琲の水色を楽しむ

珈琲は真っ黒な飲み物!そう思っていませんか?

紅茶の世界では水色(すいしょく)を楽しむ風習があります。

事実、紅茶の価値を決める評価基準にも水色は含まれます。

また、レモンを入れると紅茶がみるみる薄くなっていきますよね?

あれはpHが酸性側に変化したことで起こる現象で、レモンティーを飲むときの一つの楽しみです。

 

しかし、珈琲の世界ではどうでしょうか?

— Sponsored Link —

ブラックコーヒーと表現されるくらいなので、多くの人は真っ黒な飲み物!!

そう思っていることでしょう。

 

では本当に全部、真っ黒になるのでしょうか?

ローストの異なる豆で実際に試してみましょう。

 

準備したのは、ミディアム(浅煎り)シティ(中煎り)フレンチ(深煎り)ローストの3種類です。

それぞれの抽出条件は全て一緒にしています。

 

[抽出条件]

使用した豆:グァテマラ

粒度:中挽き

粉の量:15(g)

湯温:90(℃)

抽出方法:ペーパードリップ(コーノ)

 

こちらが抽出後の珈琲です。

水色を確認しやすいように白色のカップに入れてみました。

 P1350006

左から順番に、

①ミディアム、②シティ、③フレンチ

と並べてあります。

 

いかがでしょうか?

①ミディアムから②、③と右側にいくにつれて色が濃くなっていませんか?

写真では伝わりにくいかもしれませんが、 ミディアムに関しては黒色というよりか茶色に近いですよね。

 

最近では同じ産地の豆でもロースト違いで販売している珈琲専門店も多くあります。

紅茶のように色鮮やかではありませんが、水色を楽しみながら珈琲を飲むと、いつもとは一味違った珈琲になるのではないでしょうか?

香りや味だけでなく、たまには視覚的にも珈琲を楽しんでみてください。

 

それでは、良い珈琲ライフを(‘∀`)

ランキング参加中!

応援クリックよろしくお願いします!!

↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 グルメブログ コーヒーへ

関連記事

  1. 珈琲の知識

    粒度(メッシュ)を調整して美味しい珈琲を楽しむ

    珈琲は抽出方法に合わせた最適な粒度が存在します。→抽出方法に合わせた最…

  2. 珈琲の知識

    ロースト(焙煎)による香味の違い

    そもそも珈琲の焙煎が始まったのは15世紀頃と言われています。18世紀頃…

  3. 珈琲の知識

    アイスコーヒーは日本で誕生した?

    暑くなってきたのでアイスコーヒーについて語ることにします。ところで、ア…

  4. 珈琲の知識

    「モカ」ってなに?【珈琲用語解説】

    「どのような珈琲が好きですか?」の問いに対して「モカ」と答える人が多く…

  5. 珈琲の知識

    珈琲をお湯で薄めるとは何事だ!?

    アメリカンコーヒーって見た目が薄い、味気ない、深みがない。そう思ってい…

  6. 珈琲の知識

    イエローハニーとホワイトハニーコーヒーの比較

    数年前からコーヒーマーケットで注目を浴びているコスタリカのハニープロセ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

  1. 備品

    備品の最重要アイテムはこれっ!!
  2. 珈琲の知識

    抽出方法に合わせた最適な粒度(メッシュ)
  3. 珈琲の知識

    「モカ」ってなに?【珈琲用語解説】
  4. 実践記事

    「琥珀色の宝石 パナマ ゲイシャ」を飲んでみた
  5. ニュース

    珈琲の世界に終わりはない
PAGE TOP