実践記事

「ニカラグア フローレンシアミル マラゴジペ」を飲んでみた

今回の飲んでみたシリーズは「ニカラグア」です。

ニカラグア産の珈琲はフルーティーですっきりしたものから、スパイシーで辛口のものまで幅広く楽しめます。

それだけフレーバーの幅が広いということですね。

そして今回はコーヒーマーケットでも注目を浴びているあの品種・・・

— Sponsored Link —

 マラゴジペを飲んでみます。

そもそもマラゴジペって何?って方はこちらの記事をどうぞ。

珈琲界の巨人?マラゴジペって何?

 

見た目同様に大味なんて言われたりもしますが、果たしてどうでしょうか?

さっそく飲んでみます。

[2人前]

 豆:ニカラグア フローレンシアミル マラゴジペ

 ロースト:シティ

 豆の使用量:23[g]

 粒度:中挽き(ナイスカットミル/ダイヤル:3.5)

 湯温:90℃

 抽出量:300[ml]

 抽出方法:ペーパードリップ(コーノ)

 使用器具:備品紹介のページはここをクリック!

使用した豆はこちら。

P_20160403_114248

ん?大きさが伝わらないって?

別品種(ブルボン)を一粒混ぜてみましょう。

どれが混ぜた豆でしょ~~か?

P_20160403_114228

正解は言わなくても伝わりますよね?笑

それくらいサイズに差があるということです。

ではでは、「ファイヤーキング Dハンドルシリーズ アイボリー」に注いで冷めないうちに飲んでみます。

P_20160403_103538

柑橘系、特にオレンジやレモンのような爽やかな酸味、そしてアンズジャムのような柔らかくて独特な甘みが感じられます。

粒度をいつもより細かめに設定して抽出してみましたが、少し粗め(ダイヤル4.0~4.5)に挽いて、繊細な香味を楽しむのも良さそうです。

暫くは目覚めの一杯で重宝します。

それでは、良い珈琲ライフを(‘∀`)

ランキング参加中!

応援クリックよろしくお願いします!!

↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 グルメブログ コーヒーへ

関連記事

  1. 実践記事

    「インドネシア リントン マンデリン」を飲んでみた【水出し編】

    今回の飲んでみたシリーズは「インドネシア」です。1年前のこの時期にも登…

  2. 実践記事

    「エルサルバドル シベリア農園 パカマラ」を飲んでみた

    今回の飲んでみたシリーズは「エルサルバドル」です。以前、登場したシベリ…

  3. 実践記事

    「エチオピア イルガチェフェ ナチュラル」を飲んでみた

    今回の飲んでみたシリーズは「エチオピア」です。アフリカエリア特有のフレ…

  4. 実践記事

    「ルワンダ コアカカ」を飲んでみた part2

    今回の飲んでみたシリーズは「ルワンダ」です。2015年4月以降、久しぶ…

  5. 実践記事

    「ブラジル マカウバデシーマ農園 ナチュラル」を飲んでみた

    今回の飲んでみたシリーズは前回に引き続き「ブラジル」です。前回の記事は…

  6. 実践記事

    「コロンビア ブエサコ」を飲んでみた

    今回の飲んでみたシリーズは「コロンビア」です。収穫エリアは、ナリーニョ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

  1. 珈琲の知識

    幻のコーヒーは巨大な動物から生まれます
  2. 珈琲の知識

    精製方法による香味の違いとは?
  3. 雑記

    珈琲とKindleと私【電子書籍のメリット・デメリット】
  4. 備品

    珈琲豆の保存方法
  5. 珈琲の知識

    アイスコーヒーは日本で誕生した?
PAGE TOP