マキネッタ

直火式エスプレッソマシンのこと。

1930年頃にイタリアで開発された抽出器具でモカポットとも呼ばれる。

1~2人用の小さなマキネッタは、日本のガスコンロでは規格があっておらず、専用の網またはコンロを準備する必要がある。

本場イタリアでは4つ口のコンロが標準で、1つはマキネッタ用に設計されている。

現代のエスプレッソマシンでは9気圧という高い圧力をかけて抽出を行うが、自然の力を利用するマキネッタでは1.5~2.0気圧ほどの圧力しか掛けることができない。

しかしながら、エスプレッソ特有の滑らかな舌触り、優しい味わいを再現することができるため、今でも多くのファンが存在する。

 

【関連記事】

スタイリッシュすぎるモカポット

— Sponsored Link —

珈琲用語集一覧に戻る

おすすめ記事

  1. 珈琲の知識

    立体的に考える珈琲のブレンド方法
  2. 実践記事

    「インドネシア リントン マンデリン」を飲んでみた【水出し編】
  3. ニュース

    北欧の珈琲は○○を混ぜて飲むのが常識です
  4. マインド

    珈琲の味の違いが分からない?それって本当?
  5. ニュース

    珈琲の世界に終わりはない
PAGE TOP