アラビカ種

珈琲豆の2大原種の1つ。

原産地がエチオピアと言われており、珈琲生産量の約70%を占める。

栽培条件が限られており、標高1000~2000mの高地で栽培される。


▼アラビカ種の特徴

①酸味・渋味・コクが強く、キャラクターがハッキリとしている。

②栽培が難しく生産性が低い。

③レギュラーコーヒーとして飲まれることが多い。

【関連記事】

低産地・高産地の珈琲の特徴

珈琲とバナナは親友です

日本でもコーヒーが栽培されてるのはご存知ですか?

— Sponsored Link —

珈琲用語集一覧に戻る

おすすめ記事

  1. 雑記

    珈琲とKindleと私【電子書籍のメリット・デメリット】
  2. 雑記

    ☆に願いを・・・ピノ「薫るアロマ珈琲」を食してみた!!【雑食】
  3. 実践記事

    「ペルー フェスパ農園 カトゥーラ」を飲んでみた
  4. ドリップ

    あなたはどっち派?浸漬法と透過法の違い!【前半】
  5. 備品

    コーヒーサイフォンの仕組み
PAGE TOP