開業

ヒットの秘密はわずかな変化!!タリーズコーヒーのストロー戦略!!

人は細かいところまで見ていませんが、ぼんやりと世界を眺めています。

そのため、自分の世界に変化が起こると違和感を感じます。

こんな経験はありませんか?

あれ、ここの建物って前からあった?

あれ、君ってそんなメガネだった?

ハッキリとは分からないけど、何か違う気がする!!

タリーズコーヒーはこのわずかな変化を利用して、他店との差別化に成功しました。

— Sponsored Link —

まずはこちらをご覧ください。

タリーズコーヒーのコールドドリンクです。

11811368_1000484760003334_737966764302413834_n

引用元:TullysCoffeeJapan

そして、こちらはスターバックスのコールドドリンクです。

4524785266216_11_s

引用元:starbucks.co.jp

ロゴも違う、中身も違う。

が、一箇所だけ似たような場所が!!

そう、どちらもストローが緑色です((((;゚Д゚))))

今でこそ当たり前のように、多くのカフェで緑色のストローが使用されていますが、タリーズコーヒーが世に拡散した言われています。

タリーズコーヒーは1997年に1号店を銀座にオープンして、その後は順調に店舗を拡大していきました。

しかし、当初は知名度が低く、ブランド力もありませんでした。

そこで、創業者がとった行動とは・・・。

テイクアウトの珈琲を片手に銀座をプラプラ歩く作戦です(;´∀`)

タリーズのロゴが見えるようにカップを持ち、街行く人にさりげなくアピールしたのです。

原始的な方法ではありますが、テイクアウトの風習がそこまで浸透していなかったこともあり、多くの人はこの作戦に注目しました。

・・・・・が、これが裏目に!!

当初、スターバックスもテイクアウトを販売しており、街行く人たちは「あ、スタバ飲んでる人がいる。スタバ行こうよ!!」とスターバックスに直行したのです。

知らず知らずでライバル店のサポートをしていたのですね(笑)

そこで、遠くからでも目立つように!!と登場したのが緑色のストローです。

これが想像以上に効果絶大で、これを見た人達は、

「あれ、スタバ・・・じゃないよな?なんか違うぞ。」

と違和感を抱くようになり、タリーズの存在に気付いたと言われています。

結局その半年後にスターバックスも緑色のストローを導入したため一時的なアピールになりましたが、それでも充分な結果が得られたのではないでしょうか。 

つまり、既存のものにわずかな変化を与えてやるだけでも、チャンスを掴める可能性があるということですね。

(注)タリーズはストローだけで有名になったわけではありません。今回の話しは戦略の一つにすぎません。

 それでは良い珈琲ライフを(‘∀`) 

ランキング参加中!

応援クリックよろしくお願いします!!

↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 グルメブログ コーヒーへ

関連記事

  1. 雑記

    「コーヒーゼリーの時間」って?コーヒーゼリー好き必見の一冊です!!

    コーヒーゼリーというと喫茶店やカフェのメニューでも誰もが知っているはず…

  2. 雑記

    「美味しい珈琲を淹れる極意」が生まれ変わりました【お知らせ】

    ブログのメンテナンスが完了しました!!(まだ手直ししたいところは山ほど…

  3. 雑記

    超簡単っ!?子供から大人まで楽しめる健康的なアレンジコーヒー♪

    体調不良のときは食欲がなくなりますよね?しかし、栄養を取らなくては元気…

  4. 珈琲の知識

    珈琲が現在の飲み方にステップアップするまでの過程

    今でこそ当たり前のように飲んでいる珈琲ですが、いきなり現在の飲み方にな…

  5. 雑記

    夏と言えばビール?いいえ、時代は「炭酸×珈琲」です【雑記】

    どーも、お久しぶりです(*´∀`*)chayaです。安心してください、…

  6. 雑記

    珈琲とF君と私【雑記】

    幻の珈琲を飲むために・・・。(注)今回は珈琲に関する個人的日記です。く…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

  1. 珈琲の知識

    高品質な珈琲は高度なピッキング技術が要求されます!!
  2. 雑記

    スマホ料金を安く抑えて美味しい珈琲を楽しみませんか?【雑記】
  3. 雑記

    Amazonと楽天で備品を安く買う裏技【雑記】
  4. 質問

    コーヒー豆の量を増やす理由は?【Q&A】
  5. ドリップ

    フレンチプレス(シャンボール)の使い方とコツ
PAGE TOP